カードゲーム遊び方紹介 第33回 Love letter -恋文- /千澤のり子

公開日: / 更新日:

第16回と第17回で紹介した「Love letter」の和風バージョン「恋文」です。

恋文のパッケージの写真

世界観は、昔々の日本。ある山奥の城下町の大名には、美しい一人娘がいました。お年頃になった彼女に、身分も立場も異なる若者たちが、想いをしたためた恋文を届けようとします。果たして、姫にたどり着けるのでしょうか。

プレイ人数は、2人から4人。コンパクトなので、持ち運びに便利です。田中寛崇さんが、イラストを描かれています。

ルールもカードの役割も「Love Letter」とほぼ同じです。プレイヤーを全員脱落させるか、山札がなくなった時に、もっとも数字の大きいカードを持っているプレイヤーが勝ちになります。

通常カードは、8種類。姫・家老・侍は1枚、陰陽師・巫女・浪人・忍びは2枚、女中は5枚入っています。

特殊カードは各1枚ずつ、4種類あります。

姫と同じ効力の若殿。

手札の強さの合計が12以上なら、カードを出さないとならない御目付。

終了時に自分の捨て札にあれば、2点加算される代筆屋。

直前の捨て札と、同じ内容に変貌する妖狐。

恋文のキャラクターカード一覧

今回も2人でプレイです。

カードをシャッフルして伏せて置き、山札にします。2人プレイ時なので、3枚引いて公開します。各自1枚ずつ山札からカードを引いて、手札にします。

じゃんけんでゲームスタート。「代筆屋」「浪人」「巫女」が公開されています。

代筆屋、浪人、巫女のカード一覧

先行の私の手札は7点の「家老」。カードを引き、手札の強さの合計が12点以上なら、脱落してしまいます。つまり、「陰陽師」「侍」「姫」を引いたら、即ゲーム終了です。

1枚引いてみます。1点の「女中」でした。プレイヤーを1人指名し、「女中」以外のカードを1つ言って、相手が持っていたら脱落させることができます。

「女中」を出しました。2人プレイなので、指名もいりません。

「姫」

「正解」

なんと、一瞬でゲーム終了です。

ゲームプレイ中の画像

2回目は「陰陽師」が1枚、「女中」が2枚出ています。

ゲームプレイ中の画像

今度は後手になりました。プレイヤーを1人選んで数を競い、数字の小さいほうが脱落する「浪人」を持っています。

先方が出したカードは「巫女」。私は1回休みとなる効力です。

自分が引いたのは、プレイヤーの1人のカードを見られる「忍び」。なんとなくで「浪人」を捨てました。「巫女」により何もできません。

続いて出されたカードは「女中」。外されました。次に私が引いたカードも「女中」。「女中」を捨て「姫」と言っても、同じことは続きませんでした。

3ターン目は「陰陽師」を出されたので、手札の「忍び」を捨てることになり、1枚引きました。7点の「家老」がきました。自分の手番になり、再びカードを1枚引きます。またしても「女中」。

「姫―!」

「……それしか言えないの」

外しました。

3ターンで「浪人」を使われました。私は「家老」を持っています。

「せーの、どや!」

相手の持っているカードは、6点の「侍」でした。

中毒性があるゲームなので、何度も連続で遊べます。直感の鋭い方にお勧めです。
 
 

幻冬舎エデュケーション/Love letter -恋文-

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:5~10分

ヨドバシ・ドット・コム商品ページ

 

千澤(ちざわ)のり子

1973年生まれ 
作家。近刊は『鵬藤高校天文部 君が見つけた星座』。
ボードゲーム好きで『人狼作家』の編集も手がけ、羽住典子名義でミステリ評論活動も行っている。


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP