ボードゲーム遊び方紹介 第17回 Love Letter(後編)

公開日: / 更新日:千澤(ちざわ)のり子

 今回は母親の仕事に興味を持った長男(19歳)が、ゲームの相手をしてくれました。
 母子ともに説明書を読むのが苦手です。とりあえず、能力の書いてあるゲームカードを規定の枚数にあわせて16枚取り出しました。
 よくシャッフルし、山札から1枚引いて伏せて脇に置き、さらに3枚カードを抜いて公開します。さらに、それぞれ1枚引き、手札にしました。私は「姫」を引きました。
 最初なので、羽ペンタイルを使い、ゲームスタート。

ラブレター後半1枚目
 まずは私からです。カードに書いてある強さを比較して、小さいほうを脱落させることができる「騎士」を引きました。「姫」を捨て札に置くと負けてしまうので、「騎士」を公開します。次に、手札を公開します。
「せーのっ、ドヤッ!」
「姫」の強さは8、息子が出した「兵士」の強さは1。
 1回戦は一瞬で終了してしまいました。
 2回戦は勝った私からになりました。ルールをまだよく分かっていません。まずは兵士以外のカードを宣言して、相手の手札と一致したら相手が脱落するという「兵士」を使いました。
「魔術師」
「ブブー」
 次は息子です。彼は効果を無効にする「僧侶」を使ってきました。次は私です。「兵士」を引いたので、「兵士」を使います。
「大臣」
「ここにあるじゃん!」
 1枚しかない「大臣」は、ゲーム開始前にすでに公開されていました。つまり、山札の中にはないのです。
「しかも、今、効果は無効だからね」
「???」
「1回お休みってこと!」
 息子のターンです。彼が出したカードは、プレイヤーと手札を交換する「将軍」。「兵士」を渡され、私は自分の手札の「騎士」を渡しました。
 次のターンでは、相手プレイヤーの手札を見ることができる「道化」を引きました。そのまま捨て札に置きます。彼は「騎士」を持っていました。
「あのね、さっきカードを交換したよね。だから、俺が何のカードを持っているか知っているよね」
「そ、そうだった」
 初めてのゲームではたいていテンパっているので、そんなことはまったく意識していませんでした。
「わはははは。勝ったぜ」
 手札を引く前に勝利宣言をされました。一応1枚引きましたが、息子が出してきたのは「騎士」です。私は手札の「兵士」を出しました。強さ1の「兵士」を持っていることを知っていれば、「兵士」以外のカードなら勝てます。
 ターンが続いたら、コツをつかめてきました。このゲーム、2人プレイなら相手の持っているカードや山札に残っているカードがだんだん分かってくるのです。もちろん、はじめに抜いた1枚は何か分かりませんが、消去法から求められるでしょう。
 その後、母子対決は10回以上続きました。一瞬で終わる回もあれば、2回戦で息子が持っていた「将軍」「僧侶」コンビを、私が持っている回もありました。

ラブレター後半2枚目

「勝利数多いほうがジュースおごりね」
「数えてるの?」
「いや」
「こういうときにトークンって使うんじゃないの!?」
「あ……」
 そんなこと、すっかり忘れていました。
 次にプレイするときは追加カードを使ってみようと思います。

ラブレター後半3枚目

ボードゲーム遊び方紹介一覧はこちらから。

各種ボードゲームの買取価格表はこちらになります。

千澤(ちざわ)のり子

1973年生まれ 
作家。近刊は『鵬藤高校天文部 君が見つけた星座』。
ボードゲーム好きで『人狼作家』の編集も手がけ、羽住典子名義でミステリ評論活動も行っている。


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP