ボードゲーム「ぱんつぁー・ふぉー!」を栃木県佐野市のお客様からお譲りいただきました

公開日:

『ガールズ&パンツァー』は2012年秋に放送が始まったアニメで「戦車道」という戦車を使って対戦する事を「茶道」「華道」と同じ意味で女子のたしなみとした競技の事を描いたものです。

今回の買取品はそのアニメの世界をボードゲームにしたもので『ぱんつぁー・ふぉー!』とその続編『ぱんつぁー・ふぉー!2』です。

ぱんつぁー・ふぉーとはドイツ語の”Panzer Vor”で直訳すると「戦車前へ」といった意味です。アニメの『ガールズ&パンツァー』の中でメインテーマ的に使われているBGM「戦車道行進曲!パンツァーフォー!」にも使われている言葉で、この曲を聞くとガルパンというイメージが浮かびますね。

このボードゲームは2014年に発売されるとボードゲームとしては異例の大ヒットとなり、すぐに売り切れてしいました。これはガルパン自体の人気という事ももちろんあるのですが、今その内容を見てみると、これは売れる!という工夫がたくさんしかけてあります。

まず、ボードゲームって何?という初心者向けにドラマ仕立ての解説DVD(リンク先でダイジェスト映像が見られます)が付いてくる点です。これを見るだけでボードゲームってこうして遊ぶのだという事がわかるようになっています。32ページの小冊子のルールブックも付属してきますので、すぐプレイし始める事ができます。

アニメや劇場版映画などを見ている方はガルパンの世界観がすでに頭に入っていますので、すんなりゲームの世界に入っていけると思います。今まで他のボードゲームで遊んでいて『ガールズ&パンツァー』って何?という人にとっては、逆にアニメを見てみようかな、という気にさせるかもしれません。

マップの方はもちろん大洗の市街地の他にサンダース戦マップ、プラウダ戦の3枚が付属します。戦闘の作戦はテレビのストリーに基づいてもいいですし、何度かプレイしていく中で工夫をしていくと楽しめると思います。

戦車は大洗女子学園ではドイツのIV号戦車D型、日本陸軍の三式中戦車など、サンダース大学付属高校はアメリカのM4 シャーマンなど、プラウダ高校はソ連のT-34など、黒森峰女学園はドイツのティーガーなどがラインナップされており、その戦車にどのキャラクターを乗せるかで戦力が違ってくるというしかけがされています。

『ぱんつぁー・ふぉー!』はすぐに売り切れてしまったので2017年にマップやカードが追加された第2版が発売されました。

『ぱんつぁー・ふぉー!2』は『ぱんつぁー・ふぉー!』を進化させ、劇場版映画を基にしたゲームになっています。この2では大洗女子学園チームVS大学選抜チームという内容になっており30輌対30輌という集団での戦いになっています。そのため、前作とはちょっとルールを変えてあります。

このボードゲームは『ガールズ&パンツァー』のファン同士で遊んでもいいですし、ボードゲームの入門に選ぶといいアイテムになっています。


たいむましんでは『ガールズ&パンツァー』グッズなら今回のボードゲームの他、戦車のプラモデル、フィギュア、DVDなど様々なものが買取可能です。
詳しくは近年のアニメグッズの買取ページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


商品カテゴリーウォーゲーム・シミュレーションゲーム近年のアニメ
ご依頼地域栃木県佐野市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年5月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP