テンデイズゲームズ「インフェルノ(Inferno)」の遊び方紹介

公開日: / 更新日:

先日、テンデイズゲームズの「インフェルノ(Inferno)」を買取いたしました。

01

こういう挑発的なデザイン、大好きだよ。

一言で言えば「一番最初に出したカードと同じ色or数字のカードをひたすら出し続ける」ゲームです。

☆ゲーム概略☆
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:約20分
対象年齢:8歳以上
デザイナー:ライナー・クニツィア

中身は、こんな感じ。

03

☆内容物☆

数字カード:100枚
取扱説明書:1枚

超シンプル。お姉さん、セクシーですねぇ。

でも何で赤いカードだけイラストが描いてあるの?

その理由は、この後の説明で明らかになります。

では、さっそく遊び方を。

ルールは、UNOに似ています。

各プレイヤーは、1~5までのカードの中で、一番最初に出したカードと同じ色or数字を出さなければなりません。

もしカードが出せなくなってしまうと、それまで出されたカードを全て引き取って失点となります。

これ、スタートプレイヤーが超重要。「最初のカード」が何かによって、各プレイヤーの運命が決まると言っても過言ではありません。

もし「最初のカード」が「緑の5」なら、他プレイヤーは「緑のカード」か「5のカード」をひたすら出し続けなければなりません。

カードは、1~5までの全5色。

UNOと大きく違うのは「出せる色や数字が変わらない」ということ。

つまり「最初のカード」が「緑の5」なら、手元に緑or5のカードがなくなったら終わり…となります。

しかも、手札は補充されないので、必ずどこかでカードを出せないプレイヤーが出てきます。

「緑も5もないよぉ!」となれば、それまで出された全てのカードを引き取ることになります。

カード1枚につき、1点のマイナス。

「まぁ1点ぐらいなら」と思うかもしれませんが、このゲームの題名は「インフェルノ」。「地獄」という意味です。

他のカードは1枚につき1点のマイナスですが、赤いカードだけは別。カードに書かれた数字がそのまま失点になります。

つまり、最大で1枚につき5点のマイナスになります…痛い…。

赤いカードはセクシーなお姉さんを始め、悪魔が描かれたカードになります。

絵柄に喜んでいると、痛い目を見るんだな。

なので「もう出せない」という状態で泣く泣くカードを引き取る前に、出されたカードが少ないうちに早めに引き取るのも作戦のうちかと。

耐えられる限界まで出し続けると、大量失点という最悪の結果を招く可能性も…。

出されたカードは全プレイヤーが見ることが出来るので、赤いカードが出される度に心拍数が上がるかもしれません(笑)

先に相手がギブアップするのか、それとも窮地に追い込まれているのは自分なのか、引き際の見極めが重要になります。

こうしてゲームを続けていき、最終的に失点が一番少ないプレイヤーが勝者となります。

地獄の業火に焼かれるのは誰なのか。

イラストもオトナゴコロをくすぐるゲームです。

大人数で、是非。

弊社では「インフェルノ(Inferno)」以外にも、多くのボードゲームをこれまでお譲りいただきました。詳しくは、弊社ホームページの「アナログゲーム買取実績一覧」にて紹介しております。

買取のご相談は、アナログゲーム買取のページをご覧ください。また、ボードゲームの買取価格表は、こちらのページに掲載しております。

買取のご依頼は、買取フォーム(写真も送れます)、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)、LINE査定よりお気軽にお待ちしております★★

商品カテゴリー

ボードゲーム・同人ゲーム

ご依頼地域

茨城県牛久市

買取価格

完品で経年相応に美品の場合、400円

買取方法

宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2018年1月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP