MOパンダのわくわくレガシー生活

わくわくレガシー生活 「BMOに向けてレガシー環境のおさらい」

公開日:MOパンダ

こにぱーん!MOパンダです。

最近レガシーだけでなくパイオニアも遊んでいます。
ぜひチャンネル登録を!

エムパンCh. MOパンダ – YouTube
MO

 

今週末は久しぶりに「BIG MAGIC OPEN」(https://mtg.bigweb.co.jp/bmo12)が開催されます。
フォーマットはレガシーとチームモダンです。
どちらも参加予定です。よろしくお願いします。

今回は現在のレガシー環境のおさらい記事になります。
大会に向けて参考にしていただければと思います。

 

 

MAGIC ONLINE(以下MO)の結果から見えること

 

5/14から8/6に行われたMOのレガシーチャレンジ+ショーケースチャレンジ27イベント(864デッキ)の集計になります。

 

TOP32デッキ分布

 

URデルバー

もちろんトップシェアはURデルバーです。不利なデッキなどない現環境最強のデッキです。入賞しているURデルバーの構築は差があまりありません。
MOでは一番多いミラーマッチを制すためメインボードに《紅蓮破》を2枚採用していることが多いです。

URデルバー
Legacy Challenge #12453830 / 4th Place / 6-0
プレイヤー:JUJUBEAN__2004
クリーチャー(12枚)

4《秘密を掘り下げる者
4《ドラゴンの怒りの媒介者
4《濁浪の執政

呪文(29枚)

4《渦まく知識
4《稲妻
2《紅蓮破
4《目くらまし
4《意志の力
4《思案
4《表現の反復
2《ミシュラのガラクタ
1《相殺

サイドボード(15枚)

1《相殺
1《祭典壊し
2《否定の力
1《水流破
2《溶融
2《発展の代価
2《紅蓮破
1《赤霊破
1《水没
2《外科的摘出

《濁浪の執政》《表現の反復》がゲームの勝敗に影響する為《紅蓮破》をメインから増やしたくなる気持ちはわかりますが、青くないデッキ相手にメインを落としやすくそこだけ不安です。

ジェスカイコントロールも人気なのでメインの《紅蓮破》増量はMOならではの構築ですね。

 

 

 

ジェスカイコントロール

2番手はジェスカイコントロールです。
去年はバントコントロールが多かったですが緑のカードより《紅蓮破》が強くジェスカイカラーのコントロールが主流になっています。

 

 

デッキは2パターンあり《表現の反復》+《僧院の導師》の果敢で攻める形。
プレインズウォーカー多めの青白タッチ赤コントロールのどちらかです。

MOには《狂乱の呪詛》が実装されていないため《紅蓮破》《剣を鍬に》《虹色の終焉》を使った除去コントロールが成立します。
リアルでは《狂乱の呪詛》を巡るゲームになり、3色でプレイする《虹色の終焉》しか解答がなくリアルでは勝ちにくいデッキになっています。

ジェスカイコントロール
Legacy Challenge #12450506 / 6th Place / 5-1
プレイヤー:trunks132
土地(21枚)

4《溢れかえる岸辺
3《
1《
1《神秘の聖域
2《平地
1《プラトー
2《虹色の眺望
4《沸騰する小湖
1《ツンドラ
2《火山島

クリーチャー(5枚)

2《瞬唱の魔道士
2《僧院の導師
1《永久のドラゴン

サイドボード(15枚)

1《仕組まれた爆薬
2《狼狽の嵐
2《水流破
1《イゼットの静電術師
1《コジレックの帰還
1《溶融
1《紅蓮破
2《赤霊破
1《破滅
1《静寂
2《外科的摘出

 

 

 

赤プリズン

3番手は赤プリズンです。

メインから《未認可霊柩車》や《死亡+退場》など《濁浪の執政》を意識したカードを採用し、デルバーに対して強くしているのがデッキの特徴です。

赤プリズン
London Legacy Monthly / 6th Place
プレイヤー:Gavin Thacker
サイドボード(15枚)

3《焦熱の合流点
4《虚空の力線
2《月の大魔術師
3《紅蓮破
3《硫黄の精霊

最近は《熱烈の神ハゾレト》が採用されます。
《カラカス》を採用したデッキが減り除去耐性がありメタにマッチしてるクリーチャー選択と言えるでしょう。

熱烈の神ハゾレト

 

 

 

謎鍛冶コンボ

 

謎鍛冶

最近頭角を現わしてきたデッキです。
8/6のレガシーチャレンジで優勝しています。

謎鍛冶コンボ
Legacy Challenge #12453821 / 1st Place / 5-1
プレイヤー:IPlayBadDecks
土地(10枚)

4《古えの墳墓
1《
1《
4《ウルザの物語

クリーチャー(9枚)

1《ボーマットの急使
4《隔離用構築物
4《謎鍛冶

除去もカウンターも当たるデッキですが
《防御の光網》でどちらにも対応でき、ハンデスに対しては《永劫のこだま》でリカバリーできます。
コンボばかりに目がいくと《ウルザの物語》で攻められるので見た目以上に多角的な攻めができます。
勝ってきているデッキですが対面で当たったことが少なくプレイミスを誘いやすいデッキになっています。せめてデッキリストだけは目を通しておきましょう。
普段レガシーをやらずオールイン系のデッキが好きな方におすすめのデッキになります。

 

 

 

URドラゴン

 

帳簿裂き

URデルバーの派生デッキです。
《秘密を掘り下げる者》が《帳簿裂き》に変更されています。

URドラゴン
Legacy Challenge #12453830 / 5th Place / 6-0
プレイヤー:triosk
クリーチャー(11枚)

4《ドラゴンの怒りの媒介者
3《帳簿裂き
1《厚かましい借り手
3《濁浪の執政

サイドボード(15枚)

2《相殺
2《祭典壊し
2《否定の力
1《水流破
2《溶融
1《発展の代価
2《紅蓮破
1《赤霊破
2《外科的摘出

《秘密を掘り下げる者》と違い《忍耐》に激突することが少ないのはいいですね。

《帳簿裂き》により相手が青くないときの《紅蓮破》や複数枚引いて邪魔な《目くらまし》を別のカードに変換できます。
《帳簿裂き》を採用するなら《紅蓮破》複数枚をメインに入れるのも肯定されミラーでも強くURデルバーユーザーがURドラゴンに乗り換えていくかもしれません。

 

 

 

その他デッキ

 

リアニメイト

URデルバーが《目くらまし》を減らしコンボ相手にガードを下げている結果リアニメイト系上がってきています。墓地対策に置物が使われていないことも追い風です。

 

 

デスタク

URデルバーと戦え、上がってきている赤プリズンに強いデッキです。
《硫黄の精霊》や《疫病を仕組むもの》の採用が減りタフネス1のクリーチャーが生き残りやすいのはいいですね。
《救出専門家》など新規カードの採用が増え新規リリースの度に強化されているデッキです。

 

 

8キャスト

サイドの《溶融》や《無垢への回帰》が減らせない要因です。
7/31のレガシーチャレンジは優勝していますが普段はTOP32に1人いるかいないか程度です。
ただ使用者が減っているからサイドを薄くしようとするとあっさり負けるので気を付けましょう。
先月行われた第20回レガシー神挑戦者決定戦ではTOP16に0でしたが今回どうなるか気になるところです。

 

 

まとめ

URデルバーはミラーで差をつけようと少し重いURドラゴンが流行ってきています。《帳簿裂き》が流行るとジェスカイコンに必ず採用される《覆いを割く者、ナーセット》に嵌ってカードを捨てる盤面が増えそうですね。

《覆いを割く者、ナーセット》と並んで謀議に強い《船殻破り》などがサイドに増えるとまたデルバーに戻っていくように考えられます。
《船殻破り》は赤プリズンの《鏡割りの寓話》や《エインジーの荒廃者》、《謎鍛冶》に強くカード自体はメタに合っている強カードな印象です。

青くないデッキもドローをしてきますし《一日のやり直し》がなくても強いならいい選択になるかと思います。

 

船殻破り
(忘れたころにやってくる)

 

 

 

BMOメタゲーム予想

たまにはデッキ以外の話もしましょう。

BMO自体は全国から参加者がいますが、関東開催のイベントなので関東のメタゲームになることが予想されます。
関東はまずURデルバーが一番多く次点でスニークショーがいます。
《狂乱の呪詛》《紅蓮破》を持つURデルバーとスニークショーを相手すると厳しいコントロール系のデッキはあまりいません。
関東はURデルバーのシェアが圧倒的です。MOの比ではありません。
関西はURデルバーが少なくミッドレンジやコントロール、デスタクが多いです。
地域メタと言われるところですね。

なので私はURデルバーとスニークショーを考えて構築するつもりです。
サイドボードで悩んだら《水流破》や《真髄の針》など上記を意識したカードを選べるといいですね。
最近はUR系のデッキがコンボ相手にガードを下げていているのでそこを突かれないために《否定の力》や《狼狽の嵐》も選択肢にあります。

 

 

 

終わり

レガシー環境のおさらい記事は以上となります。
今年は夏のエキスパンションがなく4月リリースの「ニューカペナの街角」環境が続いていますがカード採用が変化していきおもしろい環境です。
「ニューカペナの街角」のカードである《帳簿裂き》は最初はあまり使われていませんでしたが、だんだんと評価が上がり定番になりそうですね。

次回はもしBMOで好成績だったらデッキの話の解説記事でお会いしましょう。
大会に参加される方の健闘を祈ります。

 

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP