遊戯王ライター鳩鷺のカジュアルデッキクリニック

遊戯王ライター鳩鷺の第3回「カジュアルデッキクリニック」《占術姫×クローラー》

公開日: / 更新日:鳩鷺

遊戯王ライターの鳩鷺(はとさぎ)です。新発売となった「ダークウィング・ブラスト」に、方中ミエルが使用する「占術姫」の新規カードが収録されました。

今回は、【占術姫】デッキのレシピ紹介とともに、デッキの回し方や、相性の良いカードを解説していきますので、【占姫】を作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。

 

 

デッキレシピ

 

遊戯王ライター鳩鷺が考案した【占術姫】のサンプルデッキレシピを紹介します。


《占術姫》デッキ
遊戯王ライター鳩鷺


- モンスター(26枚) -

《冥占術姫タロットレイス》1
《聖占術姫タロットレイ》3
《占術姫コインノーマ》3
《占術姫ビブリオムーサ》2
《教導の聖女エクレシア》1
《ガード・ドッグ》1
《裏風の精霊》3
《宣告者の神巫》3
《クローラー・ソゥマ》 3
《クローラー・スパイン》1
《クローラー・レセプター》1
《禁忌の壺》2
《機怪神エクスクローラー》2

- エクストラデッキ(15枚) -

《旧神ヌトス》1
《虹光の宣告者》3
《ウィンドペガサス@イグニスター》1
《フルール・ド・バロネス》1
《幻子力空母エンタープラズニル》1
《無限起動アースシェイカー》1
《メレオロジック・アグリゲーター》1
《天霆號アーゼウス》1
《サブテラーマリスの妖魔》2
《I:Pマスカレーナ》1
《トロイメア・ユニコーン》1
《アクセスコード・トーカー》1

- 魔 法(11枚) -

《冥占術の儀式》3
《聖占術の儀式》2
《儀式の下準備》3
《星遺物の醒存》3

- 罠(3枚) -

《ドラグマ・パニッシュメント》1
《星遺物の傀儡》2

 

 

 

 

【占術姫】新規カードの解説

 

まずは本デッキのメインとなる新規「占術姫」カードを詳しく見ていきましょう。

 

占術姫ビブリオムーサ

《占術姫ビブリオムーサ》

リバース・効果モンスター
星9/地属性/天使族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリリースされ墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。

(2):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「占術姫ビブリオムーサ」以外の「占術姫」モンスター1体と儀式魔法カード1枚を手札に加える。

(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの儀式モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

《占術姫ビブリオムーサ》は、リリースされ墓地に送られた場合、自己蘇生ができます。
手札から儀式召喚のリリース要員として墓地に送ることで、自発的にセットされるので実質ノーコストで儀式召喚が可能です。

リバース効果で「占術姫」モンスターと儀式魔法のサーチができ、儀式モンスターとしての運用だけでなく、リリースコストとしての「占術姫」の確保を状況に応じて使い分けられます。

「占術姫」儀式モンスターの効果で能動的に(2)の効果を発動、サーチした儀式魔法カードで《占術姫ビブラムオーサ》自身をリリースすることで、(1)の効果を発動させてアドバンテージを稼げます。

 

 

 

冥占術姫タロットレイス

《冥占術姫タロットレイス》

儀式・リバース・効果モンスター
星9/闇属性/天使族/攻1200/守2700

「冥占術の儀式」により降臨。 

このカードは儀式召喚及び「聖占術姫タロットレイ」の効果でのみ特殊召喚できる。

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキからリバースモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

(2):自分・相手ターンに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
・自分フィールドの裏側表示モンスターを任意の数だけ選んで表側守備表示にする。
・自分フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選んで裏側守備表示にする。

 

《冥占術姫タロットレイス》は、リバースモンスターを裏側守備表示でリクルートするリバース効果を持つ儀式モンスターです。
今回、制圧系のリバースモンスターとして、特殊召喚封じの《ガード・ドッグ》を採用したので、相手スタンバイフェイズに《ガード・ドッグ》を表にして、相手の展開を妨害していきます。

ガード・ドッグ

 

②の効果によって、自力で裏側表示に変更可能とはいえ、正規に儀式召喚した際は表側で場に出るので、《冥占術姫タロットレイス》を場に出す時は、同時に他の裏側表示にする手段が欲しいところです。

そこで機能するのが《聖占術姫タロットレイ》です。

聖占術姫タロットレイ

《聖占術姫タロットレイ》は、手札または儀式召喚されていない墓地の《冥占術姫タロットレイス》を特殊召喚することができます。

 

 

 

【占術姫】デッキの回し方

 

【占術姫】のデッキレシピの回し方を解説していきます。【占術姫】を実際にどのように動かしていくのかチェックして、デュエルの参考にしてください。

【占術姫】は、リバース効果を活かした展開で儀式召喚のリソースを確保していきます。
リバースモンスターに加え儀式サポートに特化した同種族の展開がカギです。
最終的には、新規「占術姫」儀式モンスターに加え、エクストラモンスターの高打点による戦闘ダメージで勝利を掴みます。

次に【占術姫】で押さえておくポイントを、細かく紹介します。

 

 

新規カードを活かした展開例

 

こちらでは《冥占術姫タロットレイス》《聖占術姫タロットレイ》《聖占術の儀式》計3枚からの展開例を紹介します。

 

《冥占術姫タロットレイス》《聖占術姫タロットレイ》《聖占術の儀式》、計3枚からのリバースモンスターリクルート展開例

①:《聖占術の儀式》で手札の《冥占術姫タロットレイス》をリリースし《聖占術姫タロットレイ》を儀式召喚

②:エンドフェイズに《聖占術姫タロットレイ》効果で《冥占術姫タロットレイス》を裏側守備表示で蘇生

③:《聖占術姫タロットレイ》効果で《冥占術姫タロットレイス》をリバース→《冥占術姫タロットレイス》効果でリバースモンスター1体をセット状態でリクルート

④:《冥占術姫タロットレイス》効果で自身を裏側守備表示に変更

⑤:相手ターンに《聖占術姫タロットレイ》効果で《冥占術姫タロットレイス》をリバース→《冥占術姫タロットレイス》効果でリバースモンスター1体をセット状態でリクルート

 

このように任意のリバースモンスター2体を裏側守備表示状態でリクルートできます。

《冥占術姫タロットレイス》効果でリバースモンスター2体同時に表側守備表示に変更できるので、相手ターンにリバース効果を使いたいモンスターを優先的にリクルートしたいですね。

聖占術の儀式

 

 

 

儀式サポートでリソース素材を確保する

 

「占術姫」の儀式召喚を狙うべく、儀式サポートでリソース素材を確保していきます。
今回は「占術姫」と同種族である天使族を中心としたサポートを充実させています。

儀式カードとリリース素材のサーチ手段を以下にまとめました。

儀式関連カードの確保

①:《儀式の下準備》によるサーチ

②:《宣告者の神巫》で《虹光の宣告者》を墓地に送り儀式カードサーチ

③:《占術姫ビブリオムーサ》のリバース効果

 

 

 

リリース素材の確保

①:《裏風の精霊》による《禁忌の壺》《機怪神エクスクローラー》サーチ

②:《占術姫コインノーマ》による《占術姫ビブリオムーサ》リクルート

③:《占術姫ビブリオムーサ》のリバース効果

④:《占術姫ビブリオムーサ》の自己蘇生

リリース素材としてレベル9をリクルートする手段が豊富なので、万が一リバース効果のみで儀式召喚につなげられなくても、ランク9エクシーズ召喚の素材に使えるので無駄になりません。

 

 

 

 

好相性な「クローラー」カードの使い方

 

今回、新規「占術姫」カードと好相性なテーマとして「クローラー」を採用しています。シナジーのあるリバース効果を中心とした効果を持ち、強力なリバース効果を相手ターンに使用していきましょう。

《クローラー・ソゥマ》による「クローラー」モンスター2体のリクルート効果で《サブテラーマリスの妖魔》のリンク召喚につなげやすくなり、更なるリバースサポートを充実していくことが可能です。

 

《機怪神エクスクローラー》とともに多数の「クローラー」を採用したことで《星遺物の醒存》《星遺物の傀儡》といった「クローラー」サポートも無理なく導入できるようになっています。

機怪神エクスクローラー

 

 

 

まとめ:【占術姫】は儀式サポートを活かしてリソースを確保!

 

【占術姫】のカード効果、デッキレシピ、回し方をまとめて解説しました。

手札に《占術姫ビブリオムーサ》《儀式の下準備》があるだけでも、「占術姫」儀式モンスターが2体並ぶので、簡単に相手ターンにリバースモンスターの効果を使えるようになりました。

余った召喚権を《裏風の精霊》の通常召喚時のサーチ効果に活かせるのもいいですね。
気になった方は、ぜひ新しい「占術姫」デッキを組んでみてください。
以上、遊戯王ライターの「鳩鷺(はとさぎ)」でした。

 

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP