クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「神様になった日」

公開日: / 更新日:クロワ

Key作品だとAngelBeats!が1番好き。
どうもこんにちは、クロワです。
本日はKey作品最新作「神様になった日」のトライアルデッキ&ブースター発売日です。
タイトルの特色としては、イベントが多く刷られていること、打ったあとに思い出に飛ぶイベントが多いことが挙げられます。また、それに伴いイベントに関連した効果を持つキャラや、イベントが回収できるレベル指定のカード回収なども多く、イベントとどう付き合っていくかがこのタイトルを使う上での最重要事項かと感じました。

ひっそりと「Charlotte」「AngelBeats!」のコラボカードが刷られており、3つのタイトルで使えるカードとなっているので、そちらの強化というポイントでも注目です。

 

 

 

 

それでは、注目カードを見ていきましょう。

 〜レベル0〜


「捨てた拘り 神宮司 ひかり」
集中とイベントを打った際に相手を一旦思い出に送る効果。イベントの多いこのデッキでは、集中として常駐し、打ちたいタイミングで効果発揮を狙える優秀な1枚です。

 


「歴史に残る傑作 成神 空」
対応のチョイスを貼るとデッキ内のこのカードがチョイスアイコンになるという変わった効果の持ち主。アドトリガーの枚数が増え、トリガーのバリューが上がります。実践レベルかは分かりませんが、こういった新しい効果はワクワクしますね。

 


「夏の風物詩 成神 空」
フカ次郎互換テキストと登場時3000。パワーが高いので所謂「殴れるシステム」です。当然強いです。

 


「前に進むために 伊座並 杏子」
こちらはイベントを打った際にソウル上昇をかけられる集中。集中がどちらも強くて、悩みますね。両方採用もありだと思います。

 


「大地の神 成神 大地」
イベント版収録中のようなテキスト。タイトルの都合上イベント採用枚数はかなり多くなるので、こういった潤滑油の存在はありがたいです。

 


「雨の逃避行 成神 陽太」
相手のアタックフェイズに自身ともう1枚を戻せる効果。登場時効果を使い回すもよし、序盤の殴り手を確保するために使うもよし、終盤にリバース避けに使うも良しの、優秀なレベル0です。

 


「過ぎ去る日々 ひな」
イベントの色を無視できるようになるカード。全色にイベントが存在しますし、レベル1段階で複数色のイベントを使いたい場合にも重宝したりします。

 


「天使が堕ちる日 神宮司 ひかり」
ストックが増える可能性もあるヒカケン。現環境は序盤のアタック数の重要度がかなり高いので、手札とストックの両面からリソース的余裕の作れるこのカードはかなり強いと思います。

 


「太陽の神 成神 陽太」
2レストで4ルック。対象がレベル1以上なのでイベントも加えられます。毎ターンストックを手札に変換しつつ山の枚数の調整もできるので、エンジンとして活躍してくれるでしょう。

 

 

 〜レベル1〜


「夏の終わり ひな」
チョイス連動でストブか朧効果から選べます。朧の強さは言わずもがなですし、イベントでストックを食うのでストブテキストもデッキに噛み合っています。

 


「神様の失敗 ひな」
デッキトップが夏のキャラかイベントならマイナス4500。マイナスの数値が大きいので広い範囲を焼けますし、元のパワーが1000しかないものの実質5500までは触りにいけます。

 


「祭りの日 天願 賀子」
コスト0クロック相殺とイベント版小梅のようなテキスト。ルック枚数が任意なので、山の微調整にも使えますし、かなり小回りの効く隠れたパワカです。

 


「自主映画の撮影 成神 空」
ソウル+2連動でイベント回収orサーチ。この手の効果はいつ見ても強く感じます。ソウル+2がどう影響するか、といったところでしょうか。

 


「遺されたメッセージ」
ストブ対象がレベル0からレベル2以上に変わったフラスタのようなカード。ストックが返ってこれば他のイベントにも繋ぎやすく、良いカードです。

 

 

 〜レベル3〜


「夏の風物詩 ひな」
武蔵+屋根下。ありそうでなかった組み合わせです。
連動いらずのバーンテキスト2つなので、色さえあれば最低1枚は刺したい枠ですね。

 


「怪しい誘い 神宮司 ひかり」
登場時2落下ドラの数バーンと、炎連動で4枚逆圧縮。今回の殺意に満ち溢れ枠。4枚の逆圧縮は強烈で、リフ前に決めれば一気にゲームエンドまで持っていけます。登場時効果でCXを消費させてから使えるのが良いですね。

 


「心のままに 伊座並 杏子」
早出しXルックとレベル×1000応援。早出し条件は思い出3枚以上とやや厳しめですが、それでもかなり強力な1枚。手札を減らさず面取り性能爆上げできます。

 


「全てを知る者 ひな」
今回の目玉カード。しっかり準備して決めれば実質コストの軽いチノココみたいなものなので、ゲームエンド性能はかなり高いです。クロック置きのレベルは、思い出のイベントの種類を参照にするので、複数種類のイベントを入れる必要がある点は注意。

 


「闘牌の日 天願 賀子」
早出しと分身テキスト。サイズも最大11000と高いので、レベル×1000応援と組み合わせてレベル2からシャットアウト面取りが狙えます。

 

 

 

 

今回考えたデッキはこちら。

せっかくなので、レベル3扉連動を活かせる構築にしました。思い出のイベントの種類はレベル1+レベル3まで対応出来るように、4種類を目指します。レベル1のイベントは別のカードを引っ張ってくるテキストなので、手札の総数を減らさずにイベントをプレイ出来ますし、使ったストックもチョイス連動で取り返すことが可能という構成になっています。

いかがだったでしょうか。
イベントが多くデッキに入るタイトルは、構築やプレイの難易度が高く、玄人向けなタイトルかもしれません。みなさんも是非面白い構築を練ってみて欲しいです。
今回は以上です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP