WS新弾レビュー 「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」

公開日:クロワ

こんにちは、クロワです。
7/17に「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」のエクストラブースターが発売されました。
最近はめっきり少なくなり、久しぶりとなるエクストラブースターです。封入が通常ブースターと比べて変則的になったり、すべてのカードにノンホロ版とホロ版が存在したりと、プレイヤー泣かせな事の多いエクストラブースターですが、光ってるカードが好きなプレイヤーからすると素敵な存在です。

今回は追加弾で、過去弾(Memory Snowを除く)と特徴は合致しています。しかし、今まではリゼロには存在しなかった緑色が収録カードのメインとなっています。今回のカードは今回のカード同士でシナジーが組み込まれていますが、新弾メインで組むだけでなく、既存構築も色問題をクリアできれば組み合わせられる収録内容になっています。この氷結の絆は、エミリアとパックがメインとなっていますが、1種類ずつのみレムとラムも収録されており、レムラムデッキも強化されました。
各方面から幅が広がり、良い収録内容だと思います。

それでは各種注目カードを紹介していきます。

 

 

 


「契約者と精霊 エミリア&パック」
今回のブースターの目玉カード。
思い出2枚以上という軽い条件でパワーが11000になり、ヒール持ちなので、その時点でもう優秀なカードになっています。
連動効果は対応が宝なので打ちやすく、「相手リバース時」と「ダイレクトアタック時」の2つの効果を得られます。その都合上片方しか発動できないので効果は実質1つですが、「リバース要求の詰めは面空けされるだけで対策される」という問題点を自身の効果で解決しているという点は優秀と言えます。

 


「その時を信じて パック」
早出し11000千鳥ヒール。
強いことしか書いてません。前述のエミリア&パックと共に11000ヒールなので、パワーラインが安定します。環境的にもグリザイアが一定数居るので、千鳥ヒールなのもありがたいですね。

 


「氷結の絆 エミリア&パック」
リバース要求に、手札コストまで要求される代わりに、2枚サーチできる1連動。
アド枚数は一般的な島風互換と変わりませんが、島風互換の強みは「山の中身を確認できる」「欲しいカードを狙ってサーチできる」という2点であることを考えると、前者は同じく確認でき、後者は枚数が多い為より強みが活きることになります。より特化させた島風という性能でしょうか。
その分というべきか、パワーはたったの5000しかないので、リバース要求としては心許ない数字ではあります。先上がり徹底するなどの工夫をして活かしてあげたいです。

 


「君のお父さん パック」
袋対応の1連動。
袋というCXがあまり強くないので人気が無く、最近は刷られる数さえも減ってきていましたが、こいつは袋救済というようなカードです。
対応効果は「控え室からストックブースト」と「ツインドライブ」。そして、常時効果としてこのカードのアタックで袋が捲れると、控え室のキャラを回収できる効果を持っています。
控え室からのストックブーストはCX吸い込みの危険がなく、安心してストックを積むことができます。このブースターで思い出圧縮のギミックを持ったカードが多く刷られ、旧弾のレム早出しはマーカー圧縮ができる、と考えると、あらゆる方面で山を固くする手段を持ったタイトルになったなぁと思います。
袋が捲れた時の控え回収は自身のアタックでしか発動しませんが、ツインドライブと相性が良く、袋というアイコン自体の性能を上げてくれる効果です。
総じて、袋CXに可能性を見出せる革新的な存在だと思います。
難点はパワーが低く、パンプ効果をもっていない点でしょうか。

 


「星獣化 パック」
袋対応で光景効果。
Memory Snowには光景効果をもったキャラがいましたが、Memory Snowは過去弾と共存しづらいことを考慮すると、ようやく過去弾に混ぜられる光景効果が刷られたことになります。
更に、手札のキャラを1枚ノーコストで登場させる効果と、「必死の抵抗 エミリア」に1000パンプをかける効果を持っています。

 


「必死の抵抗 エミリア」は登場時ヒールとアタック時の5点バーンを持っており、5点バーンのコストが重いのをパックの効果でストックを温存してまかない、光景効果でグチャグチャにしたところに5点バーンを打ち込む、なんて動きが狙えます。

 

「ボクの名前を呼んで パック」
「独りぼっちのエミリア」
「ただの エミリア」
思い出圧縮しつつ早出しが狙えるセット。
最終的に出てくる「ただの エミリア」がめちゃくちゃ強く、思い出3枚以上という条件こそありますがレベル×1000応援の効果を持っています。このレベル×1000というパンプは大きすぎます。レベル3前列のベースパワーが10000しかなくても13000まで上がり、このタイトルは11000が多いので14000を多面並べることも容易いです。これは電源デッキ相手にパワーで面を取る展開が狙えるレベルのサイズです。
更に、思い出に「独りぼっちのエミリア」がいるという条件でアンタッチャブル効果を得ることができます。効果での登場が決まっていれば、問題なく満たせます。

「独りぼっちのエミリア」も、スペックはレベル応援+滝壺+ネーム指定1000パンプと高く、指定ネームは「ボクの名前を呼んで パック」なので、この2種を使って戦う分にも充分強いです。パックは2/1でパワーが素体7000しかありませんが、エミリアのパンプで9000まで上がるのでそこそこパワーが出ますし、相手ターン中のリバース時に手札1枚で次のアンコールステップまで生き残る効果をもっているので、とりあえず前列で戦わせる→踏まれたら復活させた後に効果で「ただの エミリア」へ…という動きができます。

「ボクの名前を呼んで パック」と「独りぼっちのエミリア」の2枚を消費して「ただの エミリア」を出すという字面を見ると一見重そうですが、「ただの エミリア」を出したときに控え回収効果を持っているので、枚数的にはプラマイゼロなので、重いということは全然無いと思います。
地味に「ただの エミリア」がアンタッチャブルを持っていることが、Charlotte相手に前列に出して友利のケアをすることができるので、使う上で頭の片隅に入れておきたい所です。

 


「微精霊との契約 エミリア」
アタックで自分のキャラに1500パンプ、手札1枚と自身を控え室に置くことで控え室のキャラ回収。
普通に汎用性の高い2つの効果です。控え回収効果は旧弾にも存在しましたが、このカードは緑のレベル0なので、新弾のカードを旧弾構築にタッチしにいく際の色枠としても優秀に機能してくれます。

 


「袴姿のラム」
旧弾3連動扉と同じ対応CXで打てる新たな1連動キャラ。
さらなる高み互換の1連動の対応が扉ってのはめちゃくちゃ強いと思います。というか、そもそもさらなる高み互換がめっちゃ強いんですよね。
レムラムデッキはもちろん大幅強化ですし、扉本のような構築で1連動2種採用、なんてのも面白いと思います。

 

 

 

■最初に考えた構築

今回考えた構築はこちらです。

コンセプトは「自分を固く、相手は崩す。」
・思い出セットや「’おちゃらけパック」「死に戻り」で 思い出圧縮
・早出しレムでマーカー圧縮
・袋1連動でストック圧縮
という3方向からのデッキ圧縮で山を固くし、相手の山は光景でグチャグチャにしてやりましょう。

 

 

■動かし方

マリガン

0と1対応CXを残して全切り。

レベル0

レベル1連動にリバース要求はありませんが、パワーが低いので先上がりを狙ってパンチ数を絞ります。1連動がストックを増やす効果なので、この段階でストックが貯まらなくても問題ありません。

レベル1

袋連動をします。袋が打てなくとも、捲れた時に控え回収ができるように殴るキャラは極力1連動にします。

レベル2

ここからが本番。思い出セットを使って「ただの エミリア」を出し、前列は早出しレムや早出しパックで面を取っていきます。早出しレムでマーカーを貯めていければかなり固い山ができるでしょう。

レベル3

面取りとキャンセルで勝ちに結びつけるのが理想。
相手にも固い山を形成されてしまったのなら、袋連動の光景を打って崩します。打点が欲しい時は5点バーンや宝連動をします。
1枚しか入ってない宝で宝連動を打つためのコツは、道中で噛んだ分をずっと握っておくことです。残り7枚のCXで戦うことになってしまいますが、3方面からの圧縮ができるこのデッキでは管理をちゃんとすればキャンセル数は足りるはずです。

 

 

今回は以上です。
このブースターで、リゼロの構築の幅はかなり広がったと思います。
みなさんもいろいろ試してみてください。
読んでいただき、ありがとうございました!

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

 

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP