ゾイド-ZOIDS-のBlu-ray BOXを群馬県桐生市のお客様よりお譲りいただきました!~その1~

公開日:

ゾイド ブルーレイボックス

先日宅配買取りにて、群馬県桐生市のお客様よりゾイド-ZOIDS-のブルーレイボックスをお売りいただきました。LINEでご依頼を頂き、すぐに弊店からお見積をご回答し、ご成約頂きました。ありがとうございました。

こちらは1999年から土曜の夕方6時枠で放送していた人気アニメ『ゾイド-ZOIDS-』をリマスター化してブルーレイBOX(通常版)として2013年に販売されたものになります。

また限定版にはKOTOBUKIYA製の、”ブレードライガー”も付属していました。

 

ゾイド ブルーレイボックス 箱の裏側の文

左のディスク6~10は青年期、右のディスク1~5がが少年期になっています。

本作は、漫画『機獣新世紀ZOIDS』の作者の上山達郎氏がほぼ原案を制作した作品で、ゾイドのアニメ第1シリーズにあたります。物語の構成は主人公のバンの少年期を描いた部分が1部で、彼の青年期を描かれたパートは2部となっています。

 

ゾイド ブルーレイボックス ブレードライガー

とにかく、このアニメはゾイドの動き格好いいんです。(なのでキャラたちがたまに作画が怪しかったり・・・)

25話から登場する主人公機のブレードライガーによる近接戦は盛り上がること間違いなしです。

キャラクターのストーリーも充実していますが、主軸はゾイドとなっている作品ですのでロボアニメ好きなら是非ご視聴あれ!

・・・とまぁ、ゾイドの挙動や当時のモデリング技術の見どころは多々あるのですが、肝心なストーリー部分はいただけない点も見受けられるんですよね。

ゾイド ブルーレイボックス バン・フライハイト フィーネ

例えばヒロインのフィーネについての伏線が回収されないもやもやが残ってるなんて方も多いことと思います。(ゾイドイヴってなんだっけ???)

※ただしフィーネに関しては前述の上山達郎氏が制作した個人サイト(manga)に掲載された続編で明かされています。公式の続編ではないですが気になる方はぜひご覧あれ。

この辺の話の詰めの甘さが『ゾイドバトルストーリー』からゾイドファンになった方にとっては、離れるきっかけになってしまったり・・・。

子供向け番組として放送されていたので、そういった作品ではわりとよくあるパターンだなんて受け流せればいいのですけれどね。

 

ゾイド ブルーレイボックス と ゾイドスラッシュゼロ ブルーレイボックス
次回は続編であるゾイドスラッシュゼロについてご紹介いたしますのでお楽しみに~。

 


たいむましんでは今回の事例のようにの宅配/出張買取を承っております。アイテムの価格が知りたいという方は弊社のロボットアニメに関するアイテムの買取実績ページからご覧ください。

メールから査定をご希望の方はメール買取りフォームから。
スマホで写真を送るだけの簡単査定をご希望の方はライン査定案内ページから。(平日10-17時/お申込みは年中無休)
お電話でご相談希望の方はフリーダイヤル:0120-776-70010-20時/お申込みは年中無休)にて。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。


商品カテゴリーロボットアニメ
ご依頼地域群馬県桐生市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年7月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP