ドライマギア社「Geister(ガイスター)」の遊び方紹介

公開日:

先日、ドライマギア社の「Geister(ガイスター)」を買取いたしました。

01

この外箱のデザイン、最高。

「相手の良いおばけを全部取ったら勝ち」という、究極の心理戦ゲーム。

デザイナーは、ボードゲーム界の巨匠である「アレックス・ランドルフ」。

ドライマギア社は「ごきぶりポーカー」等を生み出した、ドイツのゲーム会社です。

まさに最強タッグ。

面白くないわけがない!

1986年には、スウェーデン年間ゲーム大賞(ファミリーゲーム部門)を受賞しています。

☆ゲーム概略☆
プレイ人数:2人
プレイ時間:10~20分
対象年齢:8歳以上
デザイナー:アレックス・ランドルフ

中身は、こんな感じ。

03

☆内容物☆

ゲームボード:1枚
オバケコマ:16個
マーカー:16本(赤、青:各8本)

これ…だけ…?

では、さっそく遊び方を。

各プレイヤーは「赤の悪いオバケ」と「青の良いオバケ」を4個ずつ、計8個持ちます。(以下、オバケ=コマと表記します)

※赤の悪いオバケ=背中に赤マーカーを差したコマ

※青の良いオバケ=背中に青マーカーを差したコマ

それを決められた8つのマスに、1個ずつ好きなように配置していきます。

この配置が勝敗を大きく左右することにもなるので、この時点で既に戦いは始まっているのです…。

配置する時は、コマの顔を相手側に、背中は自分に向けます。

良いオバケか否かは、背中につけたマーカーで見分けます。

当然、相手にはマーカーが見えないので、自分のコマの動かし方全てが、相手への判断材料になります。

順番に、自分のコマを、上下左右にいずれか1マス移動させます。ナナメには移動できません。将棋と同じように、自分のコマがあるマスにも移動することは出来ません。

もし、相手のいるマスに移動させたら(自分と相手のコマが1マス上に重なったら)、そのコマを取ることができます。

勝利の条件は3つ。

①相手の青いコマを4個全て取る。逆に、相手に自分の青いコマを4個取られたら負け。

②相手が赤いコマを4個全て取る。逆に、自分が赤いコマを4個取ったら負け。

③相手側の出口から、自分の青いコマを脱出させる。逆に、赤いコマは脱出することはできない。

「赤を取らせて、青は脱出させる」、勝利への条件は非常にシンプルですが、コマを動かすだけで勝敗が決まる、究極の心理戦です。

相手の青いコマを取るには、相手陣地に乗り込んでいかなければなりません。

最初に赤いコマをどんどん突っ込んで、四方を塞いで、相手に赤いコマを取らせるよう仕向けたり。

出口手前でいつまでも動かないコマがあれば、相手に「これ赤だろ」と見抜かれてしまう可能性も。

でも実はこれが青で、相手が油断している隙にスルッと脱出して勝つ、ということも出来なくはない…。

青を全部取るのがいいのか、赤を全部取らせるのがいいのか、コマの移動1つで状況も形成も一気に変わっていきます。

単純なルール、ゲームボード、16個のコマ。

これだけで精神をゴリゴリ削ってくるとは…さすがとしか言いようがないですね(笑)

このゲーム、担当Cは全く勝てる気がしません。

「え?これ、赤?青?」と相手に揺さぶりをかけるつもりが、最後には「赤か青か教えてよう!」と泣きつく姿が想像できる…。

ついでに、オセロも苦手なんだ…先を読む能力がないんだ…気付いたら盤面がほぼ一色なんだ…何で白しかないんだろうって…。

ポーカーフェイスで、サラっとシレッと勝ちたいものです。

友達同士は勿論、家族でもカップルでも、十分に楽しめるゲームです。

弊社では「Geister(ガイスター)」以外にも、多くのボードゲームをこれまでお譲りいただきました。詳しくは、弊社ホームページの「アナログゲーム買取実績一覧」にて紹介しております。

買取のご相談は、アナログゲーム買取のページをご覧ください。また、ボードゲームの買取価格表は、こちらのページに掲載しております。

買取のご依頼は、買取フォーム(写真も送れます)、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)、LINE査定よりお気軽にお待ちしております★★

商品カテゴリー

ボードゲーム・同人ゲーム

ご依頼地域

静岡県下田市

買取価格

完品で経年相応に美品の場合、650円

買取方法

宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2017年12月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP