フィギュアの展示を見に行こう! ~メガホビEXPO 2019 Autumn&ワンホビG 2019 Autumnアフターレポート~

公開日:センセイ (べ・一文字)

去る11月30日に、秋葉原UDXにて「メガホビEXPO 2019 Autumn」が開催されました。メガハウスが主催する入場無料のホビーイベントで、今年で15周年を迎えた、塗装済み完成品フィギュアを含めた各種新商品や企画中商品が一堂に会する、5月末と11月末の春秋年2回開催のイベントです。
主催のメガハウス以外にも複数の企業が参加しており、そのメーカーはアルター、ホビージャパン、コトブキヤ、REVOLVE、ANIPLEX+、代々木アニメーション学院、リコルヌ、ストロンガー、電撃ホビーWEB。今回はブラウザゲー『クイーンズブレイド WHITE TRIANGLE』も企業として出店しています。
これら多数のメーカーが送るハイレベルなフィギュアが多数展示されており、イベントステージではクリエイターや参加声優のトークショウなども開催されました。今回はありませんでしたが、過去の物販がある回では会場限定アイテムを求めて開場前より長蛇の列が形成されていた事もあります。

 

「美少女塗装済み完成品フィギュアの展示」と言う単語から、参加者層はどうしてもステレオタイプなむさ苦しい野郎の人肌脂肪風呂を連想される方もいるかと思いますが、意外なほど女性の参加者も多いのです。
かつてはオタク層の中でも極北の扱いだった美少女フィギュアがどんどん普及して女性にもフィギュアの魅力が浸透したことの表れですが、主催のメガハウスが女性に人気のあるコンテンツから多数の商品を出していることも挙げられます。美少女以外の「塗装済み完成品フィギュア」を広く一般層にまで知らしめた立役者と言っても過言ではない『ワンピース Portrait.Of.Pirates』シリーズや『ドラゴンボール』『NARUTO』と言った海外にも人気のあるコンテンツの1/8以上のスケールサイズ塗装済み完成品フィギュアはメガハウスを中心に発売され、これらの「少年ジャンプ」発のコンテンツで今年のアニメ化で人気急上昇の『鬼滅の刃』や劇場版が公開を控えている『僕のヒーローアカデミア』等他社もからも発売される作品からも立体化を送り出しています。


メガハウス G.E.M.シリーズ『鬼滅の刃 冨岡義勇』


メガハウス G.E.M.シリーズ『鬼滅の刃 てのひら伊之助くん』

メガハウス G.E.M.シリーズ『鬼滅の刃 てのひら炭治郎くん』
メガハウス G.E.M.シリーズ『鬼滅の刃 てのひら善逸くん』

特に『ワンピース Portrait.Of.Pirates』は、第一作目の商品化が行われてから今年で15年と言う事で、15周年特別展示としてこれまでに発売された主人公・ルフィの商品を展示し、シリーズの歩みを解説していました。同じキャラ・衣装でも全く異なる商品になることが示されており、見ていて実に面白い展示です。またこの『P.O.P』シリーズは、スタンダード立ち姿をメインとしたシリーズと、ダイナミックなポーズで高密度・情報量が多いMAXIMUMシリーズを両立しており、これらが一同に介する滅多にない機会でもあります。

 


ルフィで振り返る『P.O.P』15周年ヒストリー
  

メガハウス Portrait.Of.Pirates ワンピース『船医者マルコ』


メガハウス Portrait.Of.Pirates ワンピース
『“SA-MAXIMUM” ロロノア・ゾロ ver.“三・千・世・界”!!!』


メガハウス Portrait.Of.Pirates ワンピース
『“NEO-MAXIMUM” “白ひげ”エドワード・ニューゲート』

メガハウスの展示では『ガンダムシリーズ』からも多数の商品が展示され、サンライズ製作のメカ・ロボットアニメ作品からの立体も多数拝見出来ます。『ガンダムシリーズ』からは女性キャラ以外の男性キャラ、特にむさ苦しいオヤジキャラが多数展示されていることからその世界観の広がりを感じずにはいられません。
今回は「大集合」と称し、各ブランドが過去に発売した各コンテンツのフィギュアを一か所に集めていたのですが、メガハウスの大集合は勿論『ガンダム』で、『ガンダムSEED』等の美男美女フィギュアの中心に『1stガンダム』のジオン軍オッサン三人がズラリと並ぶ圧が凄いです。


メガハウス GGG(ガンダム・ガイズ・ジェネレーション)『ギレン・ザビ』


メガハウス エクセレントモデル RAHDX G.A.NEO『ドズル・ザビ』


メガハウス エクセレントモデル RAHDX G.A.NEO『ランバ・ラル』


メガハウス GGG(ガンダム・ガイズ・ジェネレーション)『東方不敗 マスター・アジア』

メガハウス系列からはメカ物やヒーローの商品化予定・発売予定のアイテムが続々並んでおり、特に今回注目を集めていたのは『仮面ライダーBLACK RX』の超巨大RXフィギュア。全長400㎜で複眼・リボルケイン・ベルトのLED電飾が光るというインパクトがものすごい一体です。


メガハウス ULTIMATE ARTICLE『仮面ライダーBLACK RX』

 

とは言ってもやっぱり数々の美少女フィギュアに目が奪われます。非常にレベルの高い造形(値段と延期数も)で認知されているアルターの企画中展示作品では、人気コンテンツ『アズールレーン』『Fate/Grand Order』の彩色見本・原型展示が行われており、長い撮影待機列が形成されていました。『FGO』の二体、『メルトリリス』はその空間を一杯に使った大胆なポーズ付けに、『宮本武蔵』はそのセーターのモールドに、プロの原型師の皆様も驚愕していた反応が多々伺えました。


アルター『プリンツ・オイゲン』


アルター『セントルイス』


アルター『アルターエゴ/メルトリリス』


アルター『宮本武蔵 私服ver.』


アルター『セイバー/ガウェイン』

さらに原型展示で機関車「ハチロク」が水着姿で立体化、字面だけですと何のことか判りませんが、PC美少女ゲーム『まいてつ』の擬人化娘でメインヒロインのハチロクの原型が展示されていました。前回原型展示だった同じくPC美少女ゲーム原作の『ヨスガノソラ』春日野穹は彩色が行われ、左手薬指のモールドに商品名のEnding verってそういう事かあぁーっ!と一人でエモくなったのでした。


アルター『ハチロク 水着ver.』


アルター『春日野穹 Ending Ver.』

またアルターが原型製作協力していたことで展示されていたのがBANDAI SPIRITSから発売される『ラブライブ!』南ことりの”プラモデル”。えっプラモデル?これが?と一目見て誰しもが思う、プラモデルの新しい表現に挑むFigure-riseLABOシリーズの最新作で、表面の質感や光沢やグラデーションも考慮しているとの事で、どのようなパーツ分割なのか、色がどこまで付いているのか、どのような組み立て方をするのかが今から楽しみな商品です。


BANDAI SPIRITS『Figure-riseLABO 南ことり』

 

現在人気のアニメを続々送っているANIPLEX+では、自社アニメ作品の彩色済み原型の数々を展示、現在予約受付中のアイテムでは『冴えない彼女の育てかたfine』のどこに出しても文句なしの(めんどくさい)メインヒロイン加藤恵の卒業verや、眉間の深いシワも造形された『ロード・エルメロイ二世の事件簿』のエルメロイ二世、イベント「京まふ」にて描き下ろしされた京友禅の和服姿を立体化、フィギュアでここまで鮮やかな着物の柄が再現出来るのか!と目を引く『SAO』のアスナ、現在放送中の『俺を好きなのはお前だけかよ』のメインヒロイン?三色院菫子、人気急上昇中の『鬼滅の刃』等がありました。


ANIPLEX+『加藤恵 ~卒業ver.~』


ANIPLEX+『ロード・エルメロイ二世』


ANIPLEX+『アスナ ウィンディーネ 京友禅ver.』


ANIPLEX+『三色院菫子』


ANIPLEX+『我妻善逸』

 

2017年2月設立の新メーカー「リコルヌ」は会社設立後より継続している『アイドルマスターシンデレラガール』の三人組ユニット「ピンクチェックスクール」の三人を展示。今回は彩色済原型として『FGO』ジャンヌオルタが展示、美少女フィギュアながらボリューム抜群の非常に禍々しい造型は目を見張ります。


リコルヌ アイドルマスターシンデレラガールより


リコルヌ『アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ] 昏き焔を纏いし竜の魔女』

 

日本で一番有名なホビー誌「ホビージャパン」の誌上限定通販アイテムを一手に受けているAMAKUNIも多数の新商品を展示、『艦これ』『アトリエシリーズ』『ペルソナ5』『FGO』等のハイクオリティフィギュアの展示を行っていました。AMAKUNIは肌色部分を独自の「スムーススキン加工」と言う手触りがスベスベの加工をしており、実際に触れる事の出来る体験会も過去には実施したりしていたのですが、今回は行っていませんでした、残念。


AMAKUNI『鈴谷 [Xmas] mode』


AMAKUNI『ネルケと伝説の錬金術師たち ~新たな大地のアトリエ~ ネリケ』


AMAKUNI『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト 新島真』


AMAKUNI『フォーリナー/アビゲイル・ウィリアムズ』

 

老舗ホビーメーカーであるコトブキヤの展示では、先月原作ライトノベルが完結し来年三期アニメ放送予定の『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』のヒロイン三人が展示、この中で唯一の後輩、いろはすコト一色いろはは初の完成品立体化です。どのような商品化が行われているかはまだ未定ですが、直営店限定の交換用パーツはこのメーカーの十八番なので今から楽しみです。


コトブキヤ『一色いろは』


コトブキヤ『雪ノ下雪乃』


コトブキヤ『由比ヶ浜結衣』

 

コトブキヤからも『鬼滅の刃』商品が展示されており、この作品の勢いを物語ります。なおこの横には同じジャンプ作品の『僕のヒーローアカデミア』商品が展示されていましたが、監修中の為撮影禁止となっていました。


コトブキヤ『ARTFX J 竈門禰豆子』


コトブキヤ『ARTFX J 竈門炭治郎』

 

そして同日に、アキバCOビル1FのアキバCOギャラリーにて「ワンホビギャラリー 2019 AUTUMN」が開催されました。このイベントは黎明期より市場をリードしてきたメーカー、グッドスマイルカンパニーが主催で、参加メーカーはグッスマ他にはMAXファクトリー、オランジュ・ルージュ、Phat!、フリーイング、アクアマリン、EazyEight、threezero、WING、KADOKAWA、トミーテック、SHINE、ALUMiNA、WonderfulWorks、ジュウロクホウイです。
2014年秋より「メガホビEXPO」と同日に開催を始め、以降5月末と11月末の春秋年2回開催を続けています。両会場及び秋葉原の各店舗来訪で限定アイテムをプレゼントするという連動企画も実施されて、秋葉原の各販売店も含めこの日はアキバ中がフィギュア市場の最先端になります。
アキバCOギャラリーは、この上のアキバCOビルにグッスマがオフィスを構えている事もあり、グッスマ主催のフィギュア展示会が度々開催されています。11月10日までは「ねんどろいど1000記念展示」として1000体のねんどろいどが展示されていました。
常在のイベント会場なので規模としてはメガホビの半分以下で、各メーカー毎のブースが用意されているわけでもなく、ステージイベントもありません。それでもこの「ワンホビギャラリー」は2日間の開催で、メガホビが土曜のみに対して翌12/1(日)も開催されていました。2日間しかないスペシャルな展示で、秋葉原中央通りに面した1階での展示で入場無料と言う事もあり、開催を知らなかっただろう観光客も含めた多数の来場者の皆様が訪れてました。

入って直ぐ、エントランス左手に集合していたのが『冴えない彼女の育てかた』シリーズのこれまでに商品と発売予定商品が一同に会してました。予約受付中の『加藤恵』は2021年4月発売予定と来年かと思ったら再来年でした!フィギュアの開発・販売スケジュールが非常にタイトなことが伺えます。


グッドスマイルカンパニー『加藤恵 出会いの服ver.』

 

会場の小部屋に入って左手にはフリーイング、同ブランドが積極的にリリースしている大型1/4サイズのバニーキャラ「B-Style」の展示はライトノベル原作ヒロインが三体そろい踏み。1/4と言うスケールながらも膝立ち等のポーズで全高があまり大きくないのがポイントで、バニースーツ部の質感と本物の網タイツが採用されているその造形は特筆すべきです。


FREEing『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ ヘスティア バニーVer.』


FREEing『デート・ア・ライブⅢ 時崎狂三 バニーVer.』


FREEing『転生したらスライムだった件 ミリム バニーVer.』

 

香港を拠点とするメーカー、threezeroから発表されたのは『機動警察パトレイバー』のロボ、イングラム。すでに商品化発表で予約受付中の一号機に加え、二号機・三号機が展示。一号機の
胸に「ALPHONSE」と書かれ太田二号機の額のセンサー周囲のカラーで劇場版一作目の立体化と分かります。警察車両を意識したグロス仕上げが美しい、気になる商品です。


threezero『ロボ魂 イングラム1号機』

 

鉄道模型の一大ブランドTOMIXを擁するトミーテックも参加しており、その影響か鉄道車両やバスも立体化されているのですが、今回展示されていたのは「1/24 都電6000形」のプラモデル。横幅は50センチ以上もある大きさで都電がプラモで!製作者の悲願のようなものが感じられます。


グッドスマイルカンパニー『1/24 東京都電6000形』

 

一大コンテンツメーカーであるKADOKAWAのフィギュアブランドKD Colleから何が出るかなと思ったら、『この素晴らしい世界に祝福を!』の駄女神アクアの「原作版」水着姿。アニメ版で顔芸と称されたコロコロ変わる崩れ顔を一旦置いた「原作版」は挿絵担当のイラストレーター三嶋くろねの細やかなラインが再現されていてコレはコレで良いものだなと。


KD Colle『この素晴らしい世界に祝福を! アクア 原作版水着ver.』

 

今回初参加のブランド「WonderfulWorks」が展示したのは、今夏以降一気に知名度を上げたアトリエシリーズの最新作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』の主人公ライザ。その太ももが人気の一翼を担っているキャラですが、流石判っているこの造型です。


WonderfulWorks『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ ライザ(ライザリン・シュタウト)』

 

女性向けブランドであるオランジュ・ルージュでは男性キャラの商品を多数展示していますが、ここでも一際目に付いたのは『Fate/Grand Order』のプロトセイバーと新宿のアーチャー。『FGO』が男女関係なく広い層に受け入れられていることが伺えます。


オランジュ・ルージュ『セイバー/アーサー・ペンドラゴン 英霊正装Ver.』


オランジュ・ルージュ『新宿のアーチャー』

 

主催でもあるグッドスマイルカンパニーの新商品で目を引いたのは『SSSS.GRIDMAN』の宝多六花ちゃん。小物が宙を舞う感じとかもさることながら、キャラ設定でも特徴として挙げられてた下半身のボリュームがすごい!肉感的とはまさにこのことで、これはケース越しレンズ越しではなく実際に目に焼き付けたい造型です。


グッドスマイルカンパニー『SSSS.GRIDMAN 宝多六花』

 

MAXファクトリーが展示していたのは、イラストレーターsaitomの同人誌の表紙を飾った『DF悪魔子(仮)』。近年はこのようにアニメ・ゲームを介さず同人誌の表紙から立体化を行うと言うケースも増えてきました。イラストレーターの意見がダイレクトに反映されるからなのか、非常に細やかな所にまで気が配られているのが判るものが多いです。現在は原型展示のみですが、後の商品化に期待が持てます。


MAXファクトリー『DF悪魔子(仮)』

 

またグッスマは『POP UP PARADE』と言うシリーズにて、スケールはそのままですがポーズや製造過程を簡略化して価格を抑えるシリーズを展開しており、これまでも「初音ミク」「キズナアイ」「ゴブリンスレイヤー」等が商品化されています。そのラインナップに『ノーゲーム・ノーライフ』の白がラインナップされていて、低価格帯シリーズに髪の毛の塗装過程が通常の倍あると言われているノゲノラが…!と驚きました。


グッドスマイルカンパニー『POP UP PARADE ノーゲーム・ノーライフ 白』


グッドスマイルカンパニー『POP UP PARADE キズナアイ』


グッドスマイルカンパニー『POP UP PARADE 初音ミク』


グッドスマイルカンパニー『POP UP PARADE ゴブリンスレイヤー』

 

と言う訳で11/30開催のメガホビ・ワンホビGでした。無論今回撮影・掲載した以外にも多数の商品が展示されており、撮影禁止・掲載禁止が表示されているアイテムもあります。実際に眼にしないと判らない造形の妙を感じるためにも、次回以降是非とも足を運んで欲しいものです。
例年は5月末・11月末の春秋開催ですが、次回開催は8月末の展示がされていました。

次回開催は夏
次回開催は夏

また、ここ2年程は春のメガホビ・ワンホビGの日程に併せて、通販限定18禁アイテム専門メーカー「ネイティブ」主催の18禁フィギュア展示会、通称『エロホビ』が開催されています。入場に成人である本人確認書類の提示が必要なガチ大人向けイベントで、アンナモノやコンナモノが多数展示されています。
さらに12/1には東京ビックサイトにて、ワンダーフェスティバルのような当日版権ガレージキット即売会イベント「キャラクターズフェスタin有明1」が開催されました。今年5月まで開催されていた当日版権イベント「トレジャーフェスタ」の流れを汲むイベントで、9月には関西でも開催されており、貴重なワンフェス以外での当日版権ガレージキット即売会イベントとして今後も期待されます(ワンフェスについては過去コラム「ワンダーフェスティバルのあるきかた」もご参照ください)。その2週間前の11/17にはメーカーも多数参加したオリジナルのガレージキット即売会「AK-Garden」も開催されています。

メーカー関係者でなくとも、数多の展示会で発売前のフィギュア展示を目にする機会は間違いなく増えています。おいそれと手が出せない価格になりつつあるスケールモデルのフィギュアを取捨選択する決め手は審美眼を養うこと、そのためにはWebだけじゃなく数多くの良作を実際に見る事です。これらのイベントに積極的に参加し、スマホでも構いませんから写真に撮ったりじっくり見ることをお勧めします。

(文中敬称略)

センセイ (べ・一文字)

フィギュア中心のアキバ系サイト「常時リソース不足RX」の中の人。通称センセイ。 美少女フィギュア以外にもPC美少女ゲーム、特撮、90年代ゲーム、阪神タイガース辺りにサブポジ○があります。

常時リソース不足RX:http://beyyang-rx.blog.jp/
Twitter ID:@beyyang128

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP