懐かしの漫画紹介 -キン肉マン-

2018年は週刊少年ジャンプ創刊50週年という記念の年である。

三大週刊少年マンガ誌である、少年ジャンプ、少年マガジン、少年サンデー。その中でも週刊少年ジャンプは特別であり、そこに連載されるマンガは少年漫画ではなく、ジャンプ漫画とも呼ばれ別格の扱いを受ける。

その特別なジャンプ漫画の中でも、キン肉マンの存在は更に別格と言えるだろう。

■ゆでたまご

o115781604.1

キン肉マン 対決悪魔超人 LSIゲーム

キン肉マンは1979年から1987年にかけて週刊少年ジャンプで連載された、超人プロレス格闘漫画である。原作者は漫画家のゆでたまご。

ゆでたまごは原作担当の嶋田隆司と、作画を担当する中井義則の合同ペンネームである。ゆでたまごは両名ともに大阪出身であり、ともに通っていた大阪市立住之江小学校在学中からの友人である。

藤子不二雄Aの「まんが道」に影響を受け、漫画家としてのコンビを組み、中学時代に近鉄漫画賞に投稿、入賞している。

その後も創作活動を続け、高校卒業直前に週刊少年ジャンプが主催する赤塚賞に「キン肉マン」が準入賞し、デビュー。キン肉マンの読み切りを複数作品掲載後に、連載作品として再スタートされた。

 

■キン肉マン

 

初期のキン肉マンはギャグ漫画要素が強かったが、超人オリンピック編をへてプロレス格闘漫画へと変化し、その後一時的に原点回帰を目指すが、人気は芳しく無く、ゆでたまご自身も失敗であったと語っており、再びプロレス格闘漫画に戻り定着した。

 

超人オリンピック編、そして七人の悪魔超人編はキン肉マンを代表するエピソードなり、その後の長期連載の基礎となった。

超人オリンピックと七人の悪魔超人編に登場した多くの超人は、後のシリーズでもキン肉マンの仲間や、あるいはライバルとして度々登場し、ストーリーを大きく盛り上げていく。

c532056617.3

バンダイ パーティジョイ キン肉マン 地獄のタイトルマッチ

 

■ネプチューンマン

 

キン肉マンの魅力はシングルマッチだけではなく、夢の超人タッグ編に代表されるタッグマッチにもある。

タッグマッチでは友情はもちろん、策謀、裏切りなども複雑に絡み合い、シングルマッチ以上の盛り上がりをストーリーに加えてくれる。夢の超人タッグ編に登場した、完璧超人のネプチューンマンとビッグ・ザ・武道とのタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」は特に強い印象を残している。

 

完璧超人タッグチームとして無類の強さを誇ったヘル・ミッショネルズは、そのクロス・ボンバーの破壊力と、あまりの冷酷さに読者からの支持は低かったが、ゆでたまごはそれを更に徹底させていった。その思惑は大きな成功を収め、特にネプチューンマンの改心は未だに多くのファンに語り継がれる名シーンである。

 

たいむましんではキン肉マンを始めとした懐かしのアニメ作品関連グッズを高価買取しております。
詳しくはたいむましんの懐かしのアニメ作品関連グッズの買取価格表を御覧ください。
ご相談は
買取フォーム(写真も送れます)、メール、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)よりお気軽にお待ちしております!


よろしければシェアお願いします

2018年6月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP