麗しのサブカル雑誌たちよ・・・

君は伝説の自販機本『HEAVEN』を知っているか。   SONY DSC   自販機本だし、エロい写真も載ってるし、エロいはずなんだけどにエロくない。 いや、エロいんだけど。  

じゃあ、どっちだ、と問われると。エロ本と答えるが。 なんつうかエモいのよね。    

ポリシーのあるエロは変態でもかっこいい。      

たいむましんでは『HEAVEN』はもちろん、前身の『X-MAGAZINE JAM』も、高価買取中。

雑誌って、どうしても読み捨てられちゃうんだよね。  

先の自販機本は、また特殊すぎる例かもしれないけど、書店やら駅の売店やらコンビニやらで売ってる雑誌なんて、読み終わったらすぐポイだもんね。  

70年代後半から90年代のサブカル系雑誌は面白いのがたくさんあった。  

ニューアカとか呼ばれてたニュー・アカデミズムの流れで、サブカルチャーって言葉が流行して、中身を開けてみると、エロだグロだアングラだ、とごった煮になってた時代だわね。

オタクとか。   自主規制とか今ほどうるさくなかったし。  

んーと。宅八郎が森高フィギュアを持っていたのは90年かー。      

『ビックリハウス』とか『宝島』とかの正当派サブカル雑誌はもちろん   コアマガジンの『BURST』とかミリオン出版の『GON!』とかさ。 あ、GON!は『コミックGON!』というのも出てたんだけど数号で廃刊しちゃって、これもまた面白かった。    

暴走族系だと『ティーンズロード』に『チャンプロード』なんてのもありましたね。 今読んでも、抜群に面白い。 喧嘩上等夜露死苦愛死天流。(変換出来なすぎて嫌になってきた・・・)      

雑誌だって、立派な文化!貴重な資料!!  

読み捨てられちゃう運命の雑誌をたいむましんは強化買取しますぜ。    

捨てるに捨てられなかった雑誌、でも余所じゃ二束三文・・・ってものも まとまればお値段つくものたくさんあります。  

雑誌に日の目を見せてあげようじゃないの!        

もちろん、サブカル漫画雑誌と言えば・・・の『月刊漫画ガロ』もお買取していま~す♪   unnamed       関係あるようなないような、まあ蛇足なのですが。 今日挙げた雑誌のタイトル中に若き日の私のスナップが載っている雑誌が、確か、ある。  

闇に葬り去りたいその雑誌も、このお仕事上、そのうち手元にくるんだろうな、 と思うとバタバタしたい気持ちでいっぱいです。      

そんなわけで、複雑な気持ちを持った担当が、皆から雑誌のお買取依頼を心よりお待ちしております。    

アディオス!                        

商品カテゴリー

絵本・児童書・雑誌

買取方法

宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2014年9月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP