コレクターさんのお宅拝見「講談社の絵本」

「たいむましん」のスタッフには、児童書・絵本を集めているコレクターもいます。

そんなスタッフの元に、幻とも言える戦前からの良質絵本「講談社の絵本」を所持しておられるコレクターさんとの出会いがあり、
コレクションを是非、拝見させて頂きたいとお願いをしたところ見せて頂けるとの許可を頂き、早速、都内某所へ、カメラ片手に行ってまいりました。

  RIMG4086

「講談社の絵本」は、復刻ものは、たまに出回りますが、戦前の初期の本物の実物は、滅多に出回りません。

1936年12月に創刊されたと言いますから昭和11年ですので、2017年現在からみて、81歳の人が生まれた年となります。
うちのスタッフは、誰も、この時代に生まれておりません。
それだけ貴重で古い本です。
当時の時事としては「阿部定事件」「二・二六事件」などでしょうか。

この「講談社の絵本」の創刊より更に18年前の、1918年7月1日創刊の「赤い鳥」は、これら児童文学の発行に大きな影響を与えたとされていますが、
まだ、この時代も児童文学雑誌や絵本雑誌が売れていた時代でした。
ちなみに「赤い鳥」は、関東大震災で全焼し、1923年の10月号が存在しないとされていますが、どこかに1冊位残っていないものでしょうか。

RIMG4024--

さて、お邪魔したコレクター様の家で、「講談社の絵本」を用意して頂いた部屋に通され、その量に驚きました。

全203冊の内、21冊欠けで

11・29・100・120・140・141・145・146・148・149・151・
163・164・165・167・169・172・177・180・182・195

が、欠巻のようですが、それでも他の182冊が、まとまってあるというのは奇跡的です。
しかも、状態は、買ったまま箱の中に保存していたのか、経年の劣化だけで
中古品慣れしている人であれば、この年代で、この状態であれば新品同様と言いたくなるような状態の良さです。

RIMG4021

このシリーズをご存じの方が、一番に頭に浮かぶのは「ヒットラー」ではないでしょうか。
絵本の題材としてヒトラーが使われること自体が非常に稀だと思います。

RIMG4077

                                              
当時の名だたる作家をつかって作った雑誌だけあって、今でも名前が分かる漫画家も制作に参加しており
「漫画と冒険物語」には、サザエさんで知られる漫画家「長谷川町子」さんが、

「漫画と学芸会」では、「のらくろ」の作者「田河水泡」さんの名前も見られます。

「傑作漫画大会」は、吉本三平さんの「コグマノコロスケ」を引き継いだ「芳賀まさを」さんの名前も見られます。

永田竹丸さんの義父が、この芳賀まさをさんにあたり、永田竹丸さんは、田河水泡さんの弟子ですし、
長谷川町子さんも田河水泡さんの弟子だったので、この時代の田河水泡さんの地位は、凄いものがあったのではないでしょうか。
そんな当時、旬な漫画家、田河水泡さんも参加されている絵本なので、当時、話題になっていた事が推測出来ます。

田河水泡さんというと、「月刊のらくろ」という「ろまん書房」発行のマンガ雑誌もありました。
この「月刊のらくろ」も、講談社の絵本と同様、揃って市場に出てくる事が稀な入手困難なレアなマンガ雑誌です。

これだけ後の人気漫画家も参加しているので、「講談社の絵本」の一部は、
漫画コレクターの人達にも貴重な資料になる絵本となるかと思います。

このシリーズでは、他にも史上最強の力士と言われた雷電の「雷電と相撲物語」や、戦時ものの「勇士奮戦美談」などにも人気があります。
相撲ファンの歴史の中では、雷電の存在は大きいので、必ず話題に出てくる力士ではないでしょうか。

RIMG4063

昔話や絵物語、偉人伝や戦時ものと内容も、全体的な統一性はないものの
当時の世俗を反映するかのような盛り沢山の内容で、当時は、買い続けても飽きなかったシリーズだと思います。

滅多に見る事の出来ない、コレクションの実物を拝見して、とても有意義な一日を過ごさせて頂きました。

世の中には、凄いコレクターの人達が、まだまだ、おられると思います。
また、出会いがありましたら、当店のブログにて取材させて頂き面白いコレクションをご報告致します。

RIMG4026
RIMG4027
RIMG4028
RIMG4029
RIMG4032
RIMG4033

RIMG4035
RIMG4037
RIMG4038

RIMG4040

RIMG4041

RIMG4042

RIMG4043

RIMG4044

RIMG4045

RIMG4046

RIMG4047

RIMG4048

RIMG4049

RIMG4050

RIMG4051

RIMG4052

RIMG4053

RIMG4054

RIMG4055

RIMG4055

RIMG4056

RIMG4057

RIMG4058

RIMG4059

RIMG4060

RIMG4065

RIMG4066

RIMG4067

RIMG4068

RIMG4069

RIMG4070

RIMG4071

RIMG4072

RIMG4073

RIMG4074

RIMG4075

RIMG4076

RIMG4080

RIMG4081

RIMG4082

RIMG4083

RIMG4085

RIMG4079

 

 

ブログ用の写真を撮らせて頂いた後に、講談社の絵本以外にも色々なコレクションを見せて頂いた後、お話しを伺うと
持ち主の方は、もし、どうしても欲しい方がいらしたら、お値段さえ折り合えば譲る事も考えていらっしゃるとのこと。
当店では、希望価格などは聞いていないので、どれ位でお譲りになられるかは分かりません。

もし、連絡を取ってもらいたい方がいらっしゃれば、当店にご連絡を頂ければ、持ち主様にご連絡は致しますが、
それ以降は、当店は一切、関知致しませんので、ご本人同士でお値段の交渉や、引き渡しを行ってください。

上記の条件を守れる方のみ、持ち主様にご連絡させて頂きます。
あくまで当店の厚意として行い、本業以外の対応となりますので、当店に利益はないため
お急ぎのご依頼や、仲介や責任をお求めの方は
業務に支障をきたすため、一切の対応をお断りさせて頂きます。


よろしければシェアお願いします

2017年3月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP