ONE PUNCH-MAN 1話を読んでみました。

アイシールド21って皆さん知ってますよね。週刊少年ジャンプにて連載された村田雄介先生の代表作。

先日、村田先生の違う作品、「ワンパンマン」を買い取りしたので 今日は1巻を読んでみたいと思います。  

いきなり「一撃」と表され握り拳から始まる1ページ目。

爆発とともに現れたのは、、、見覚えのある2本の触覚?角? でも何かが違う。

かっこよすぎる。強そう。     ワクチンマン   彼の名は・・・・「ワクチンマン」 子どもたちに人気の彼ではありません。

もう一度言いましょう、彼はワクチンマンです。    

そこに登場した、正義。 マントを掲げてかっこよく出てきたのはあのヒーロー、  

では無く。   ハゲマント 趣味:ヒーロー      

なんてこった。 ワクチンマンの気持ちわかるわー。

あの元気100倍の自分を犠牲にしてまで顔を分け与えてくれる彼じゃなかった。

むしろ、2.5頭身ですらない。

これで地球は終わりだ・・・・  だってバイキ、、、じゃなかった。

ワクチンマン覚醒しちゃったもん。強そうだもん。  

でも私は知らなかった。 本当のワンパンマンの強さを。     ワンパンマン 一撃 必殺、ワーンパーンチ!!!

あの顔を濡らされたらOUTの彼とは打って変わって この冷静さかつ無表情。

つわもの、此処に現る。    

1話タイトルの「一撃」の意味がわかりましたね。

2話では主人公、「サイタマ」がワンパンマンこと、「ハゲマント」になった成りたちとなっております。  

気になった方はぜひ読んでみて下さい。 村田雄介 ONE PUNCH-MAN きっと彼にも弱点があるんだろな。

一撃で倒せない時もいずれ来るんだろな。 と思いながら3話以降読んでみたいと思います。  

以上、本日は『ワンパンマン』の読書感想文でした。  

本文中の漫画画像は全て著作権法第32条に則り引用しております。 引用元: 集英社 となりのヤングジャンプコミックス 村田雄介著『ONE PUNCH-MAN』1巻 より      


よろしければシェアお願いします

2015年5月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP