私のS.H.フィギュアスーツとの 付き合い方

img01 第一印象は悪かった・・・

私も最初からハードユーザーではなかったのです。 おそらくですが、2008年2月1日に発売された仮面ライダー1号(ザ ネクスト)が最初だったと記憶してます。 その最初の印象は「細!ガリガリじゃん!」でした。 精密な造形は納得ではあったのですが、やはり細身すぎるのが個人的には気に入らなかったのです。 特に首、太ももの細さが目立ちました。 さらにこれは製造過程での不良だと思うのですが、右足の膝の関節が外側に弯曲し個体差もなくO脚になっていました。 なので仮面ライダーファンとしては無視は出来なかったのですが、見て見ぬフリをかましていたのです。   img02 運命の出会い

しかし! とうとう私にも見て見ぬフリが出来なくなるラインナップが発表されたのです。 それは 2010年4月に発売された「仮面ライダーギルス」。 やはり細身が不評だったのか、新たな試みをおしだしたかったのか、原型師が変わったのか、 今までのとは作りもスタイルもかなり変更されより原作に近いフォルムになったのです。 私個人もギルスは”大好きな仮面ライダー”ベスト3にはランクインするライダーです。 秋葉原で開催される半期に一度の祭典(仮面ライダーコレクターなら)魂ネーションで凝視しながらヨダレを垂らしていたんでは無いかと思うくらい魅了されたのです。 そこでは、その後のラインナップも発表されていて、ここでとうとう決めてしまったのです。「S.H.フィギュアーツ買う!」と。   img03 止まらないフィギュアーツ愛!!

「S.H.フィギュアーツを買う」と決めたのは良いのですが、なにせもう既にかなりシリーズが進んでいましたし、限定品も馬鹿みたいに高価で売られていたので、コンプリートは無理だと諦めました。 ならばこうしよう、「自分の好きなライダーだけでも集める」 それをモットーにしようと決めたのです。 しかし、簡単に決めたは良いのすが、コレはコレで大変ですね。 だって、「仮面ライダー大好き!」なのです。 アレも欲しい、コレも欲しい、アレはいらなけどアレと並べたいから欲しい、これ買うならアレも買わなくちゃ・・・・・ こうしてここに、貧乏人のS.H.フィギュアーツハードユーザーが誕生したのです。 HPの魂ウェブを週に一度は閲覧し、「バンダイ!オレを殺す気か! ・・・ありがとうー」と叫ぶのであります。   img04


よろしければシェアお願いします

2015年1月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP